MENU

レザークラフトの「レザーカービング」って知っていますか?

  • URLをコピーしました!
Megumi

「レザーカービング」
まっさらな革に専用の道具を使い柄を彫っていく手法です!

目次

私の好きなレザーカービング

私はレザークラフトの中でも特に「カービング」が好きです。
レザーカービングの腕前は置いておいて、私の場合はむしろ「カービングをするためのレザークラフト」と言っても過言では無いです。笑

レザークラフト自体は大昔に本の表紙や衣服などで始まり、レザーカービングはアメリカで馬の鞍に模様をつける事が発祥だと言われています。

最近作ったレザートレイ用のお花カービング

道具を駆使して全て手作業で作っています。
実際この柄を彫るには私の場合は2時間半前後。
柄が大きくなったり複雑になる程時間はかかります。
なので好きな人じゃないと多分出来ません^^;

私の場合は
「なにも無い真っ新な革に、自分の技術で凹凸のある柄が出来上がる」
のが好きなのです。

ちなみにカービング後にも染色やオイルがけや縫ったり磨いたりなど様々な工程が残ってます^^;

私の目指したい「レザーカービング」

近年革小物はシンプルな物が多く、一般的にもかなり出回っていますよね!
例えばキーホルダーやお財布・バッグなどファッションとしてとても浸透しています。
オシャレな専門店もハンドメイド作家さんのショップも沢山ありますよね。
私もシンプルなデザインの革小物だって大好きです!


一方、
「レザーカービングが入った製品」はというと、バイカーの方のウォレットやバッグなど「これぞ革!」という感じの結構ガッチリしたものが多いです。
(カービングは厚めの革じゃないと出来ないので実際にガッチリしているのもあります)

私はそれもそれでカッコイイと思いますし好きなのですが、ファッションとして考えた時に女性の方とか手に取りづらいジャンルでは無いかとずっと思っていました。

なので、私が目指すのは
「手に取りやすいレザーカービング製品」です。

異素材のモノと合わせたりして誰でも「ファッション」として手に取りやすい製品を作れたら良いな〜と思っています。
(もちろん革だけの製品も作りますが)

レザークラフトって、そうじゃなくても王道なレザークラフト内にも色んなジャンルがあるので「脇道にこんなのが居ても良いよね」ってクラフターの方々にもお客さま方にも思っていただけたら嬉しいです^^



I love leather carving!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください^^
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次